定期預金じゃもったいない!お得に資産運用

定期預金の金利は高くない

定期預金は給料の振込や光熱費の引き落としなどで利用している金融機関にある預金商品です。1年や3年、5年など一定期間は金融機関にお金を預けることになります。
金利は普通預金に比べると高くなっていますが、決して高いものではないので多くの利息を得るためには多くの資金を定期預金にしなければなりません。単純にお金を預けたいのであれば、定期預金は魅力的な選択肢と言えます。しかし、お金を増やしたいと考えている場合は、定期預金よりも資産運用に目を向ける必要があります。
資産運用は元手を大きく増やせる可能性がある選択肢となっています。その分リスクがあることを理解しておくことは大切ですが、可能性を秘めている魅力があります。

投資の知識や経験がなくても挑戦は可能

定期預金は安全性の高い預金商品ですが、資産運用を行う上で効果的な選択肢となるのが投資です。株式の売買や債券、投資信託の購入など、投資の選択肢は豊富にある状況です。そのため、興味のある投資の方法を選び、実践することができます。
投資の知識や経験はあった方が投資の対象やスタイルを理解しているため、利益を出しやすいメリットはあります。しかし、知識や経験がなくても挑戦することは可能です。なぜなら、地道に慣れる方法があるからです。
たとえば、投資信託は銘柄を選ぶのは自分ですが、実際の運用は任せられる金融商品です。銘柄選びは利益に直結するので重要ですが、これから伸びると感じる企業や業界だったり、興味のある分野だったりなど、簡単な調査や自分の興味など銘柄を選ぶ基準はたくさんあります。

© Copyright Fund Company Definition. All Rights Reserved.