若いうちから積立投信!

早い段階での取り組みは大切

資産を作るための手段として一般的で確実な方法としては積立があります。積立は銀行や信用金庫などに存在している預金商品の1つで、毎月一定額を積み重ね、満期を迎えた時はまとまった資金が手元に残ります。預金の積立は資産を作る上で効果的ですが、積立できるのは預金だけではありません。投資信託も積立する形で購入できるようになっています。
選択した投資信託の銘柄を月に1回購入する形となるため、無理のない投資が可能となっています。投資信託の積立は早い段階から始めることによるメリットが大きいため、社会人として働くようになって生活に余裕ができた段階でスタートすれば、10年後や20年後に予想以上の運用益となっている可能性はあります。

長期的な保有を検討する

若い時から積立する形で投資信託を購入する時は、長期的な保有を検討することをお勧めします。短期間の売買で利益を出す考え方であれば長期保有するメリットはありません。しかし、積立という方法を選択するのであれば長期保有を前提にすることが大切です。積立をしている途中で運用の状況が予想を下回ったり、今後の見通しが良くなかったりなどの場合は売る選択肢は正しいです。
しかし、まだ積立している期間が短い状況で利益が出ているからといって売ってしまうのは勿体無い判断です。長期で保有していれば銘柄の価値が高い時期や低い時期を経験することになります。しかし、地道に積立を続けていれば元本にプラスして利益を得られる可能性は高くなります。

© Copyright Fund Company Definition. All Rights Reserved.