NISAを上手に活用しよう!

NISAとはどのようなものでしょうか?

NISAとは少額投資非課税制度のことで、英国のISAを参考にして整備された制度です。日本(Nippon)のISAでNISAと命名されました。この制度の目的は、お金の流れを貯蓄から投資に向かわせるために2014年1月1日に施行されました。
NISA制度を利用するためには、証券会社等の金融機関でNISA口座(非課税口座)を開設します。この口座で取引すると上場株式や投資信託に係る配当金、譲渡所得が5年間非課税となります。年間の投資額上限は120万円の設定となっています。
国内に居住する20歳以上の方が利用できる制度で、剰余金がある方はこの制度を利用することで、税金を気にすることなく、株式投資に参加することができます。

NISAに関する注意点として

NISAを取り扱っている金融機関は何社も存在しますが、NISA(非課税口座)は金融機関をまたいで1口座しか開設することがきません。NISA口座を開設する場合、金融機関は申し込み者を国税庁に報告しているため、口座開設申し込み者がNISA口座をすでに開設しているかをチェックしています。
また、上場株式等の取引を行うと、株価の下落により、損失が発生する可能性もあります。税制上、この損失は他の取引で発生した利益と損益通算を行うことが可能です。損益通算とは発生した利益と損失を合算し、税計算上の利益を圧縮することで、税金の支払いを減額することができます。しかしNISA口座と他の取引口座間で損益通算をすることができません。株取引を頻繁に行う方は注意が必要です。

© Copyright Fund Company Definition. All Rights Reserved.